素直にアジングが楽しくて...。

仕事が終わると毎日ソワソワ。家族の目を盗んでは夜な夜なアジングに出かける日々。

釣果も大事。命はもっと大事。という事でライフジャケット新調。BLUESTORM BSJ-9320RS。

ブログはめっきり放置気味。

4か月放置・・・。

それでも見ていてくれる方はいてくれてありがたい。

反面ですみません。

 

ブログ放置気味なのですが、アジングにはチョコチョコと。

月3位の超が付くLOWペースで行っていました。

 

釣れたり、釣れなかったり。

面白かったり、つまんなかったり。

 

と、相変わらずアジングはアジングという感じです。

そんな釣行ですがひと月ほど前にアクシデント。

 

足を踏み外しで落下で尾てい骨を強打!という事件が発生。

 

尾てい骨が欠ける程度の骨折というカッコ悪い!ではすまない事件。

ガッツリ折れていたら「うん〇」もできないらしい尾てい骨の骨折。

不幸中の幸いというのでしょうか。欠ける程度ですみました。

「死んだ。」と、思いましたよ。その瞬間は・・・。

 

本当に良かったです。

 

未だにふとした時に痛み。鈍痛に悩まされてはいますが命ある事に感謝です。

歳だな~。とか口にはしていたものの・・・。

「本当に歳を感じてしまいました。」

 

海に投げ出されたわけではありませんが、今回の事件をきっかけに買いなおした物がライフジャケット。

今まで愛用していた物は先輩から頂いた物でこれはこれでまだまだ使えるのでしょうけれど、ずいぶん使い込んだ感じ哀愁のような物がにじみ出てきているので思い切って新調しました。

 

f:id:aji1:20190810114319j:plain

昔気質な考えがあるので頂いた物などはその使命を全うするまで使ったりする方なのですがライフジャケットの基準?みたいのが変わったそうなのでこのタイミングを逃したら買い替える事はないな。と。

f:id:aji1:20190810114402j:plain

f:id:aji1:20190810114420j:plain

f:id:aji1:20190810114448j:plain

 

個人的には「何でもいいや。」位の考えでしたが見に行ってみるとかなりの種類並んでいます。

少し物色してみると「あーでもない。こーでもない。」と、いつもの癖が。

気になるものを何個か付けてみて「これだ!」と、思った物が1つ。

 

「BLUESTORM BSJ-9320RS」でした。

エストベルトタイプで水感知機能付きでコンパクト。

そして国土交通省型式承認品 小型船舶用救命胴衣 TYPE A 桜マーク付。

 

船に乗る事はないでしょうが備えあれば憂いなしという事で。

f:id:aji1:20190810141317j:plain
 

腰の後ろですべて隠れてしまうコンパクトさ。

薄く細くはないものの適度な太さなので大きさは気にならなかった。

 

 

体系は少しおなかが出てきたとはいえやや細身な私は「ぎゅっ。」と締めないといけないので今までのライフジャケットでは横っ腹まで膨張する所が来ていたので腰の後ろで収まってくれるのはありがたい。

 

ガーグリップもしっかりと固定できるし。

 

カラーは確か4色あったと思いますが、現在持ち物は黒で統一しているので今回も黒。

黒で統一とかちょっとカッコいい様な感じもしますが最も無難のカラーチョイス。

飽きもしないし、無難だし。と、いういうなれば「冒険を忘れた大人チョイス」な訳ですね。

 

ぐるりと眺めて気になったことが・・・。

「桜マークってどこに付いてるの?」

探しても見当たらないので浮き輪になる膨張部分まで見てみると・・・・。

 

付いていました!

 

f:id:aji1:20190810141550j:plain

一瞬ですが「詐欺や!!!!!!!!!!!」と、思った次第です。

 

 

 

私眼鏡屋です。お困りごとがあればなんなりと。

www.seigando-eyewear.com

 

 

 

solidtip.paintory.com

 

 

 

ラグゼ 宵姫 天 (よいひめ てん)S48AL-solid セカンドインプレッション (北九州アジング)

前回ファーストインプレッション。

今回はセカンドインプレッションという事でじっくりと一人でS48AL-solidと向き合ってきました。

 

今回もジグヘッドは0.8gで縛ります。

なぜに縛るのか?

それはジグヘッドの検証と天54と天48を比べる為に縛っています。

 

f:id:aji1:20190412151435j:plain

天511も加えても構わないのでしょうが、レングスを考えると比較の対象ではない様な。

と、いう事です。

 

湾奥激流ではない。まったりと流れるポイント。

この日は中潮です。

満潮0時前後。22時頃にポイントに・・・。

ゆったりとゆっくりと潮は上がっていきます。

 

ゆったりと流れる潮ではあるのですが、堤防に当たる潮の感じで右に流れたり、左に流れたり。

ゆったりながら面白いポイントではあります。

風はややあるかな。と、いう位でアジングが出来ないほどではありません。

 

こういう風の時はラインテンションの掛かり方で釣果は変わってくる事が多い。と、思います。

正直な所で1.3g位のジグヘッド使いたかったのが本音ですが、天54と天48の比較という事でグッと我慢です。

 

ジグヘッドに関しては

土肥富のラッシュヘッド、フロードライブヘッド。

クリアブルーのサイコロヘッドSOKU。

の3つを使用。

ダイワのTG 月下美人 SW ライトジグヘッドも0.75gですがたまに使いました。

 

まずは使いなれた宵姫 天54からアジはいるのか?いないのか?と探りを入れてみます。

3投目のボトム付近でコツンとアタリ。いるのは確認出来ました。

天54でしばしいつもの通りにアジングを感応。

 

普段と変わらずのべ竿スタイル、へら竿スタイルです。

ある程度ラインが風で膨らんだ状態でもアタリはきちんと「コン。コツン。ッ。ツツツ。」など大なり小なりいつもの通りです。

 

6,7匹釣った所で天54から天48に持ち替えます。

ちょっとしたレングスの違いでもキャストフィールは変わるもんですね。

1投目は上手い事飛びませんでした。

気を取り直して2投目。きちんとキャスト!

 

3投目、4投目とアタリはありません。

天54に変えてみると1投目でヒットです!

「????」

「・・・・・・・・・・なるほどね。」

 

この「なるほどね。」は天48を少し理解した「なるほどね。」です。

 

インテンションの掛け方に問題あり。なのです。

天54よりも天48の方がきちんとラインテンションを掛けてあげないといけない。

ロッドの柔らかさでしょうね。

 

でも!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

きちんとラインテンションを掛けた状態でもアタリは・・・。

「ややぼやけ気味・・・。ですね。」

 

f:id:aji1:20190412151621j:plain

 

ロッドの張りの関係でしょうか?ね?

 

天54と天48を比べる単純内容でいこうかと思っていたのにそう簡単な比較ではいかなくなってしまいました。

 

私キャストして「ややほっとけ~。」みたいな状況で潮に流してから~。

「コツン。」とか「ッ。」とか「ふっ。と軽くなる。」みたいなアタリで釣っていくのが好きなのですがこのタイプの釣り方には天54の方が釣りやすいし楽しいですね。

 

天48の場合はラインテンションを気にしてリールをゆっくり回したりしてアタリを取る方がこの釣り方は吉と出るようです。

 

これは好みでしょうし、遊び方で色々変わってくるでしょう。

ただし、1つ声を大にしていえる事があります。

「天48!面白い!」です!!!!!!!!!!!!!!!!

 

尖がったロッドになれば金属的なアタリが多くなると思っています。

柔軟性があればその他の情報量やテンション系のアタリが多くなると思っています。

天48は天54と比べると尖がった所を少し丸くした様なロッドです。

 

f:id:aji1:20190412152018j:plain

 

なんて言ったってこのサイズで曲がってくれるから!

1匹、1匹を楽しめるロッド。

 

アタリも色々豊富なアタリを体験させてくれるロッドです。

 

アタリの出かたっていうのもそれぞれ好みがあって当然で、

「キン!コン!カン!」ってアタリが好きな人もいれば、

もたれる様な「ぬう。ふう。ふっ。」とぬめーんとしアタリが好きな人もいますよね。

 

アジング三人いれば三者三様。十人いれば十人十色です。

 

私の構え方何かこれですもん。

 

f:id:aji1:20190412152857j:plain

 

ロッドがある程度バランス取れる所で支えるだけ。

 

桜木花道のセリフ「左手はそえるだけ。」

その感覚です。

 

ひとりの釣行でも仲間との一緒の釣行でもそこは変わらない。

リグなんかはとっかえひっかえのブレまくり。

 

仲間がバンバン釣ってたりしたら!!

そりゃ~ブレまくり!

 

でもそれでいいんです。

それも楽しみの1つだからですね。

 

 

 

せっかく書いているブログ。

お店の宣伝もしとこうかなー。と。ので、お店のリンクを今度から張る事にしました。

よろしお願い致します。

www.seigando-eyewear.com

 

そしてもう1つ。

個人的に遊びで作っているTシャツなど。

ツボにハマる方がいてくれれば幸いです。

 

 

solidtip.paintory.com

 

 

 

待ちに待った宵姫 天 48 S48AL-solidのファーストインプレッション。(北九州アジング)

宵姫 天しか握れない。

いつしかアジングロッドでは宵姫 天しか握れなくなりました。

感度、軽さとかそういう事ではなく独特なグリップの構造。

ワンハンドキャスト専用のあのロッドエンドをぶった切ったいさぎよさ。

ストレスフリーの構造が私を虜にしています。

 

ロッド立てて構える。寝せて構える。水平に構える。などなど。

個人個人で構え方はそれぞれだと思いますが・・・。

 

私は握らずにグリップを手で包み込む様な感覚で構えます。

スラムダンク桜木花道のセリフの1つ。

「左手はそえるだけ。」その感覚に近いです。

 

初めに宵姫 天 S54FL-solid。

その後に宵姫 天 S511FL-solidを追加。

そしてそのまたその後にS510ML-solidを追加。

宵姫 天は計3本を所有してましたが、先日注文していたS48AL-solidが入荷!という事で・・・。

 

嬉しい限りです!

 

f:id:aji1:20190408184444j:plain

S48AL-solid

魚との駆け引き・コンタクト・やりとりの距離感が非常に近く、よりスリリングなゲームを楽しめる超ショートレングスモデル。究極のゲーム性を高めるため、軽量化と高感度化を図り、まるで手の一部で操っているかのような操作感、直に触っているかのような感度性能が得られるロッドに仕上がりました。1g 未満のジグヘッドリグをさらに繊細に操作できることはもちろん、手に伝わる細かな変化を逃さず感知できる感度性能を備えます。身近で手軽なポイントでのゲームをよりエキサイティングに楽しみたい方におすすめのロッドです。

製品スペック
品名
コード
モデルNo. 標準全長
(ft/cm)
希望本体価格
(円)
標準自重
(g)
仕舞寸法
(cm)
パワー 使用材料
(%)
継数
(本)
ルアーウエイト
(g)
適正ライン
(PE/号)
適正ライン
(ナイロン/lb)
先径
(mm)
元径
(mm)
グリップ長
(mm)
24355 S54FL
-solid
5'4"(163) 48,000 32 85.5 FL C 99.9 G 0.1 2 0.1〜2 0.1〜0.3 0.8〜1.5 0.6 6.1 75
24358 S511FL
-solid
5'11"(180) 49,000 36 94.5 FL C 99.9 G 0.1 2 0.1〜2.5 0.1〜0.3 0.8〜1.5 0.7 7.0 75
NEW
24566
S48AL
-solid
4'8"(142) 46,500 28 75.5 AL C 99.9 G 0.1 2 0.1〜1.5 0.1〜0.3 0.8〜1.5 0.6 5.1 75

がまかつホームページより)

 

だそうです。

最初に握ったS54FL-solid。

まず最初に思った事が「細ッ!」だったのは今も覚えています。

そしてS48AL-solidでも「細ッ!」!!!!!!!!!

天54で慣れているはずなのですがそれでもそう思ってしまう細さです。

先径の細さは同じですが、元径が1㎜も違う。

 

f:id:aji1:20190408184533j:plain

 

左が48。右が54。

 

 

継目。

f:id:aji1:20190408184658j:plain

 

ウキウキが止まりません。

 

で!仲間と早速行って来ましたアジングに。

3人での釣行です。

私を含めこの3人は釣り方が似ているので「あーだーこーだ」と、インプレ記事には持って来いの3人です。

 

この日の私は豆アジ5匹というトホホな釣果でしたけどね。

仲間はそれぞれ20匹くらいは上げてるのにね。

まだまだ下手くそですね。日々精進です。

 

中々の風の中の釣行でした。

この日は0.8gのジグヘッドで縛ってやってみました。

キャスト!は、とてもしやすいですね。

 

54と比べ柔らかいのでロッド全体で投げている感じです。

だるく柔らかいのではなくシャキッと感があるけど柔らかい。

こんな感じだろうな~。と、予想していた通りの硬さと柔軟さです。

良い感じです。

 

ジグヘッドにかかるテンションもいい感じです。

竿先だけでなくロッド全体にかかる感じがあります。

54を初めて使った時にこのロッドは反則だ!と、思ったのを思い出してしまいました。

 

忘れかけていた感覚です。

54と511の両方を持っていればわかるのですが511をより華奢な感じにした様な感覚。

 

54と511で釣り比べていると使うジクヘッドの重さで違うでしょうが54の方が尖がったロッドだと思います。

この新しく発売されたS48AL-solidは511のテイストに近い。

これは個人的にとてもうれしいです。

 

理由は54と511を比べると511の方がアジを掛けた時に曲がってくれて楽しいからです。

今まで54をメインロッドで使っていましたが「ちょっと強いな~。」「もうちょっと曲がってくれたらもっと楽しいのに。」と思っていました。

 

私の釣りは数釣って何ぼでもサイズ釣って何ぼでもありません。

楽しく釣って何ぼ!

いかに自分が楽しい時間を過ごせるか!が、メイン。

それが爆風の日でも全然アタリがない渋い時でも何をしても釣れる時でも一緒。

楽しく釣って何ぼ!です。

 

そこに重きを置いている私にはピッタリのロッドだ!と2,3投して感じました。

数を釣っていない今回はアタリの事は詳しくはまだまだ今度という事で。

 

新しく私の愛刀の仲間に加わったS48AL-solidに付けるリールはダイ18イグジスト

54の時と比べてみるとS48AL-solidの方がのべ竿スタイルで構えている私にとってはバランスが良いです。

54は少しお辞儀気味でしたので。

48はほぼ水平位置。

 

f:id:aji1:20190408184806j:plain

 

指に挟む位置で変わるでしょうからこれは参考までに。

 

私はのべ竿スタイルなので・・・。

 

豆アジでもバットから曲り「もしかしていいサイズ?」と勘違いしてしまう曲り方。

このロッドで20cmオーバーのサイズを釣ると??

 

f:id:aji1:20190408185003j:plain

 

f:id:aji1:20190408185055j:plain

 

f:id:aji1:20190408185136j:plain

 

楽しみですね!

 

 

 釣るポイントや場所が変われば使うロッドも変わってくるでしょうし、釣り方とかも変わってくるでしょう。

 

私が通うポイントは・・・?

 

豆アジや大豆位が多し。ですね。

 

あと、最近思った事があって・・・・。

 

私眼鏡屋です。

釣りを通じて友人も出来ましたし、眼鏡を作ってくれる方もいました。

 

せっかく書いているブログ。

お店の宣伝もしとこうかなー。と、思いだしました。

 

ので、お店のリンクを今度から張る事にしました。

よろしお願い致します。

www.seigando-eyewear.com

 

そしてもう1つ。

個人的に遊びで作っているTシャツなど。

ツボにハマる方がいてくれれば幸いです。

 

 

solidtip.paintory.com

 

さぁ~。今日は通いなれた場所で楽しみましょうかね!!

 

 

 

なまけてるのか?飽き気味なのか?個人的アジング最前線。

道具にこだわったり、お金をかけたり・・・。

そのまた逆であったり。と、楽しみ方は人それぞれなのですが。

 

10日連チャンで行っていた様な歳の頃もあったわけで・・・。

それがだんだんと釣行回数も少なくなり週に4回・・・。

週に3回・・・。週に2回・・・。

週に1回・・・。

10日に1回・・・・。

 

何だこれ?

飽きてる?のかな?

なまけてるのかな?

 

今年で42歳を迎えるわけですが・・・。

睡眠不足、体の変化、仲間の変化、仕事の状況、家庭の状況・・・。

などなど。

 

どんどん足が遠のくばかり。

 

うん!これはイカン!

 

と、いう事でタックル整理じゃ~!

と、言うもののロッド売却やリール売却などのタックル整理ではなく。

タックルをきちんとパリッと整理しようという事。

現在ロッドに取り付けっぱなしの状況。

「手間や面倒だけどきちんと収納しようではないか。」と、思ったわけです。

 

私は格闘技のチームに所属していますが、入門当初に教わった事の1つに

「道具に感謝する事。大切に扱う事。」と、いう心得を教わりました。

 

「初心忘れるべからず!」

 

まずは仲間達から頂いた大切な18イグジストをきちんと収納しよう!

と、いう事でリールケースを購入!

 

f:id:aji1:20190308110629j:plain

 

きちんと収納完了!

40歳を過ぎてから持ち物はブラック系で統一しています。

中の生地は海や空を連想させるカラーリングでお気に入りです。

 

未だ購入には至っていませんが18イグジストの替えスプールを購入予定なので蓋?側に入れれる様な物にしました。

 

 

f:id:aji1:20190308111153j:plain

 

中々良い物で上段、下段と別れていて下の物を取り出す時に奥まで手を突っ込む必要なしです。

 

f:id:aji1:20190308111639j:plain

 

そして使いやすそうな補強がが施された紐付のジッパーも。〇です。

 

そして!なめているのか?男の下心なのか?

上手く言葉では表せないのですが!!!!!!!!!!!!!!!

 

f:id:aji1:20190308112001j:plain

 

DAIWAの18イグジストを3つを収めるリールケースは!

まさかの「SHIMANO」!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

f:id:aji1:20190308112213j:plain

 

うん!遠くから見たら生地と同色やからわからんやろ・・・・・。

 

 

独り言の様なブログですけれど・・・。コメントありがとうございます。

意外に読んでくれている方もいてくれる様で感謝です。

 

釣果とかはそんなに気にせず、純粋にアジングを楽しく。

そこを第一に。

 

めまぐるしく変わるタックルや数々の道具達。

気になったものや使った感想など本当にただの独り言というかもはや戯言・・・。

そんなブログにコメントを頂いたりして本当に恐縮です。

 

また、「参考に」的なコメントも何度か頂きました。

ですが・・・。ですが、ですよ。

 

一般素人のアジングブログです。

 

顔も表に出さない様な気の小さい私のブログなんぞを「参考に・・・。」

 

摩訶不思議。

 

でも、コメントを頂いたら遅かれ早かれきちんとお返事は心がけます。

 

どうぞこれからも・・・。

 

f:id:aji1:20190228151539j:plain

 

「アジツルヒト」で。

 

この「アジツルヒト」ですが私が遊びで作っているTシャツなどです。

欲しい人がいましたら購入できますのでリンクからどうぞ。

 

 

solidtip.paintory.com

 

 

お高いジグヘッド!タングステンの話・・・。(TG 月下美人 SWライトジグヘッドSS)

仲間に某ブランドのフィールドテスター?スタッフ?を辞め。

某ブランドのフィールドテスター?スタッフ?に誘われている仲間がいます。

 

受ければいいじゃない!と、言ってみると

「色んなしがらみが・・・・。」「顔がばれるとやりずらい・・・。」

などなど色々とあるみたいです。

一番うれしかったのが「皆と一緒にアジングに行けなくなるかも・・・。」

この一言はうれしかったですね。

 

そんな仲間が一度検証してみて~。と、言っていたジグヘッド!

TG 月下美人 SWライトジグヘッドSS。

 

関門周辺から湾奥の漁港まで検証中であります。

 

フックサイズは#8番で統一し、0.75、1、1.5、2の4種類です。

 

 0.75g

 1.0g

 1.5g

 2.0g

他のサイズも今後購入していくつもりです。

 

検証とか意味深い言葉を使っていますが、要は釣れるか否か。

ただそれだけの事なのですけどね。

 

友人曰く「タングステンの方がアタリが明らかに多い時がある!」と、いう事。

その検証・・・。とか、カッコつけてみます。

 

最近は1gを基本として風などで重さを変えていきます。

このTG 月下美人 SWライトジグヘッドSSですが引き抵抗はさほどです。

ヘッド部分の体積が小さいとかもあるでしょうが引き抵抗は感じにくいです。

 

2gほどの重さで比較していると他のジグヘッドとは明らかに違う事がありました。

沈む速度が速い。

カウントを取っていると明らかに沈む速度が速い。

 

と、いう事は・・・・。

 

素早くレンジに入れてそのレンジを探りたい時はとても有効なジグヘッド。

 

風が強い時などにも沈む速度が速いので使いやすいジグヘッドだと思います。

 

また、フォールに反応するアジも釣りやすくなるんじゃないかな?

などなど。

 

結構いい感じのジグヘッドだと思います。

 

明らかにアタリが多い。と、いう事に関しては・・・・。

 

f:id:aji1:20190223180128j:plain

 

あくまで予想だし確信ではありませんが・・・。

 

ヘッドの体積が小さいのでジグヘッドの存在感が少ないのではないか?なと。

また、フックの形状やゲイブ幅など言い出すと本当に体積だけでかたずけていいのかな?

とか、思ったりしますけどね。

 

だけど、本当にアタリは増えましたけどね。

 

0.75gで風が強い時などではやはり存在感は薄れてしまいますけど。

 

何度か使ってもジグヘッドのヘッド部分は光り輝いているし何となくいつまでも新品気分が味わえます。

 

f:id:aji1:20190223180223j:plain

今の所使い時を気にせずガンガン使っていますが何にも問題はない。

 

個人的に使い所は?

 

f:id:aji1:20190223180312j:plain

 

風が強い時と早く沈めたい時になるのでしょうかね。

 

仲間おススメのTG 月下美人 SWライトジグヘッドSS。

 

私、個人としてはおススメです。

 

 

LUXXE(ラグゼ) 宵姫 天 S510ML-solidの個人的インプレです。

ホームでなくてホームでもある関門周辺エリア。

アジングを始めた頃はどうしてもアジを釣りたくて色々回ってみたエリアの1つ。

その頃はアジングのワームやロッドも限られていましたね。

ラインもフロロかPEだったかな。

エステルラインが出てキャスト切れが多発。アワセ切れも多発。

そんな頃を思い出すエリアでもある関門エリア。

 

今では色んなメーカーから色んなアイテムが出て楽になりましたね。

始めた当初、最初に値の張るロッドで購入したのはがまかつAJ(モデル名は忘れましたが、確か62だったような)。

使いやすい良いロッドでしたね。その後に34のHSR-63ワンピースを購入。

ある意味この2本がアジングの【ア】の字を教えてくれたのかもしれません。

 

その後色んなロッドを使い、色んなロッドを手放してきました。

最近思う事が「アジングロッドも頭打ち。」ではないかという事。

 

技術の進歩もあり色んなメーカーから色んなロッドが出ています。

 

ですが・・・・・。

最近の私は全く興味が湧かなくなりました。

ロッド関してですけれど・・・・。

 

理由は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

がまかつ 宵姫 天以外を握ろうとは思わない。

たとえ他のロッドが良いロッドだとしても今の所は関心が持てないのです。

 

それは、「ワンハンド構造」が楽すぎるから。

最初は戸惑いましたし、キャストしてロッドごと飛んでいきそうになった事もありましたが。

 

宵姫 天の54と511の2本。宵姫 華の54と80の2本。

この4本があれば北九州でのアジングは事足りる。

むしろ贅沢すぎるラインナップです。

いうなら宵姫 天54が1本あれば十分でしょうが。

 

この4本のラインナップでも関門エリアは事足りるでしょう。

ですが、先日どうしても新しく発売されたS510ML-solidがあれば・・・。と、思ってしまったのです。

 

そう思ってしまったが最後です。

1週間後には車に積んでありました。

男の収集癖というのは恐ろしいです。

本当に・・・。

 

f:id:aji1:20181223162924j:plain

 

嫁さんや子供にもこの幸せをおすそ分けしなければいけません。

でないと、「また釣り!!?」とか「自分だけ!?」と道具はあっても釣りに行けない日々をモンモンとしなければいけません。

「家族円満」が第1条件です!

 

先日ポロリ、ポロリと抜き上げ時にバラすという情けないアジングを展開しました。

その際に2度アワセで難を逃れましたが個人的にスッキリしないアジングの展開でどうも気に入らない。

 

その際に「宵姫 天 S510ML-solid」ならどうなのよ?

で、実際に使ってみた。

 

ポロリはなくなりました。

なくなりましたが若干アタリも減りました。

 

宵姫 天 54と511と510での釣り比べです。

54は潮の流れが速くなると使えるジグヘッドが限られる為に使いづらくなります。

511はその流れでも少し重いジグヘッドが使用可能で使えます。

ですがやはりフッキングが決まらない事があります。

 

510ですがそこそこ重いジグヘッドでも大丈夫です。

フッキングもきちんと決まってくれます。

 

f:id:aji1:20181223163034j:plain

ですがこの宵姫 天 S510ML-solidにもきちんと問題がある訳です。

硬い棒に近いので軽いジグヘッドは投げにくい。

そしてアジングの要素である抜けアタリが分り難い。

 

宵姫 天 S510ML-solid

潮流の絡むディープエリアに対応し、横からの強い流れが絡むような最もヘビーな状況に対応できるモデル。モノフィラライン使用時の操作におけるレスポンスを優先した調子とパワーに設定しました。1.6gから3gのジグヘッドリグの使用を想定し設計。ライン抵抗が掛かる状況でもキレのあるアクションを演出できます。また4g前後のダート系ジグヘッドのストレスのない操作、マイクロジグやプラグ類など中量級リグにも幅広く対応できる汎用性があります。ボートアジングでは計7gのリグにも対応し、ディープレンジ攻略に適しています。

(がまかつホームページより)

 

f:id:aji1:20181223163121j:plain

抜けアタリは取りにくい。

ですが全くわからないわけではなく54や511と比べるとです。

 

全てを1本でとはいかないのもアジングの楽しみ。

 

私は状況にあわせてタックルを変えて楽しむのもアジングの楽しみの1つなのでレパートリーが増えました。

 

f:id:aji1:20181223163149j:plain

流れの緩いエリアでは宵姫 天54と宵姫 華54。

流れのあるエリアで宵姫 天54と511と510。

とか、色々なロッドの組み合わせでアジングを楽しもうと思います。

 

 

 

個人的なインプレ第一弾!としては抜けアタリが分りずらい。

で、締めくくりたいと思います。