素直にアジングが楽しくて...。

仕事が終わると毎日ソワソワ。家族の目を盗んでは夜な夜なアジングに出かける日々。

メイホー タックルボックス VS-7070が大きく感じだしてVS-7055を追加購入。そしてライトゲームケースJを購入。

愛車にロッドホルダーを取り付けてからロッドにリールを付けっぱなしで収納する様になりました。

 

今まではきちんとロッドはきちんと袋に入れて収納。

リールはメイホーのバーサス VS-7070に収納してました。

 

自分の車だけでなく友人の車で出かける事も多いので持ち運び重視でしたが、

愛車にロッドホルダーを取り付けてからタックルボックスを持ち運びしやすくコンパクトにしたいと思うようになり、新しくメイホー バーサス VS-7055を追加購入しました。

f:id:aji1:20180214145256j:plain 

※大きさ比較 後ろVS-7070 手前 追加購入したVS-7055

 

メイホー VS-7070

f:id:aji1:20180214151213j:plain 

メイホウ(MEIHO) ★ランガンシステム VS−7070+ロッドスタンド BM−250 Light 2本組セット★ ブラック/クリアレッド×ブラック【あす楽対応】

 

メイホー VS-7055

f:id:aji1:20180214151237j:plain 

メイホウ(MEIHO) ★ランガンシステム VS−7055+ロッドスタンド BM−250 Light 2本組セット★ ブラック/クリアブラック×ブラック【あす楽対応】

 

 

サイズの大きいVS-7070の方に2つ付けていたロッドスタンド BM-230Nを1つだけVS-7055に移植。

f:id:aji1:20180214151416j:plain

こちらはBM-250 Lightにしてワンタッチでどちらのタックルボックスにも付け替えれる様にしました。

 

これは先輩にカスタムしてもらいました。

参考までに↓↓↓↓↓

f:id:aji1:20180214151452j:plain

 

f:id:aji1:20180214151524j:plain

 

そして大人買いしたメイホー ライトゲームケースJ。

友人が「薄くてワームがたくさん入っていいですよ~。」と、激押しされていたケース。

 

取りあえず2つ購入してみて検討し、「これはよろし!」と追加で大人買い

サイズダウンさせたタックルボックスにはもってこいです。

f:id:aji1:20180214154138j:plain

 ピシッと横に10個ジョイントさせて入りました。

欲を言うなら縦に入ってくれたらもっと良かった!

 

 

 

バモスにカーメイトロッドホルダー 5ロッドホルダーTH IF-1の取り付け修正の記事です。

先日取り付けが終わったカーメイトロッドホルダー 5ロッドホルダーTH IF-1。

 

ですが、やや満足で納得していませんでした。

 

①パイプに防寒着を掛けているとしなってくるのが気に入らない。

②ロッドのテンションの掛かり方が気に入らない。

③ロッドのティップ部分をもっと優しい感じにしたい。

 

上記の3つが問題でした。

 

①の問題解決編。

f:id:aji1:20180202134247j:plain

内装パネルをめくってみるとうまい事に穴を発見したのでそこを使う事に。

ドリルで穴を大きくしてターンナットを仕込んで取り付ける事にしました。

内装パネルにも穴を開けてパイプを固定できる様に修正。

 

カーメイトからロッドホルダーの補修パーツを入手し完璧な仕上がりを目指します。

f:id:aji1:20180202134728j:plain

取り寄せた補修パーツは見た目も強度も問題なしです。

バモス純正パーツの様な仕上がりになりました。

f:id:aji1:20180202134908j:plain

f:id:aji1:20180202134927j:plain

後部座席の手すり?を取ってパイプを付ける様になっていますが修正で取り付けた場所はちょうどその延長上にあるみたいでパイプも綺麗に一直線で仕上がりました。

 

これで防寒着を下げてもパイプがしなる事もなくなしました。

 

②問題解決編

か弱いアジングロッドに常にテンションを掛け続けるのはロッドに悪いだろうと最低限のテンションでなおかつロッドが天井にバンバン当たる事のないように修正。

 

これにはカーメイトロッドホルダー 5ロッドホルダーTH IF-1に最初からついているスポンジにさらにふすまなどの隙間を埋める隙間テープでテンションを調整しました。

f:id:aji1:20180202161343j:plain

目立たない様に同色の隙間テープを使用しました。

 

ティップ部分にも隙間テープを張り付けてティップも保護するようにしました。

f:id:aji1:20180202161640j:plain

 

ロッドのティップ部分やバット部分などのテンションの掛かり方を調節するために

ロッドをホールドする所にもテンションの掛かり方を調節するために隙間テープで調整。

f:id:aji1:20180202161908j:plain

f:id:aji1:20180202161932j:plain

各ロッドの長さやホールドする位置などを考えてテンションの掛かり方を調整。

ロッドに無駄に負担がかからない様に綺麗に調整が出来る様になりました。

 

ホンダバモスにカーメイトロッドホルダー 5ロッドホルダーTH IF-1を取り付け。

個人的にやや満足から大満足になりました。

 

 

DAIWA(ダイワ)17 THEORY(セオリー)1003を購入。アジング歴8,9年目でもう一度リールを見直してみる。

 いつの間にかそこそこのアジング歴になってしまいました。

 

一番最初にアジングを始めた時に使っていたのはシマノ’09レアニウムCI4 1000S。

それにダイワ'10セルテート 1003を追加購入。

そしてシマノ'12ヴァンキッシュ 1000Sに。

 

そのヴァンキッシュの使いやすさとスタイリングがとても気に入り現在3台所有。

他のリールはお嫁に旅立ちました。

 

'15イグジストがカッコいいので欲しいなー。と、思っていましたがヴァンキッシュが3台あるので「まっ!いっか~。事足りてるし。イグジ高いし。」と自分に言い聞かせていました。

 

が、先日のtict UTR-55を購入しに釣具屋に行った時に何気なくリールコーナーに立ち寄ったのがいけなかった。

 

「17’THEORY(セオリー)に1003?あれ?」年末に発売されたみたいです。

 

2,3日ダイワのホームページとにらめっこ。

 

f:id:aji1:20180123171501j:plain

 

 クラスを超えた軽さ。多機能搭載ハイバリューモデル。

 

DAIWA TECHNOLOGY

■マグシールド
ボディとローターの隙間に磁性を持つオイルの壁を作ることで海水や埃などの侵入をシャットアウトするダイワ独自の防水構造。ボディとローターが無接点だから軽く滑らかな回転はそのままに、初期の回転性能を長期間維持する。回転異音の原因の多くが、塩ガミ・異物の侵入。過って水に落としてしまうケース等を除き、マグシールド化されたリールの回転異音発生率は大幅に低下している。しかもこの比率は時間が経てば経つほどより大きな差としてデータに現れつつある。これは長く使用すればするほどその効果がより発揮されるということ。つまりマグシールドの防塵・防水能力が非常に高いレベルにあることの証である。

 

■エアローター
ローター革命とも言うべき構造を持つエアローター。特異な形状の最適リム構造により負荷を分散させることで、従来と同等の強度で大幅な軽量化を実現。ローターバランスも向上し、レスポンスの良い回転をもたらす。

 

■ATD
魚の引きに滑らかに追従しながら効き続ける新世代のドラグシステム。従来よりも滑り出しがスムーズなためラインブレイクしにくく、魚に違和感を与えにくいため無駄に暴れさせることが少ない。また作動感に独特の粘りがあって低いドラグ設定値でも一気に走られることが減り、ファイト中のドラグ再調整の頻度が減ってファイトに集中できる。

 

■ZAION(ザイオン)ボディ・ローター(※3500・4000サイズを除く)
高密度にカーボン繊維が織り込まれたカーボン樹脂で、重量比強度でマグネシウムを上回るという、不可能を可能にした素材。高剛性かつ軽量、さらに金属と異なり腐食に強いという理想的な特性を活かしてリールの主要部品に採用されている。

 

その他もろもろ。 

 

最も重要視したのは重量。155gという軽さ。(メーカーホームページ公表)

その事に関して他の人のインプレなどを拝見しましたが重量にはバラつきがあるのと

どちらかといえば160gに近いという事実。

そこに少しショックを受けましたが、カラーリングはとてもカッコいい。

他のリールで気になるリールは'15イグジだけ。

でも、そこまでのリールはもういいや。

 

 

と、いう事でDAIWA(ダイワ)17 THEORY(セオリー)1003を購入。

 

f:id:aji1:20180123170135j:plain

 

 グレーがかったボディーにゴールドの組み合わせ。

よーく観察するとローター部分のカラーはマーブルみたな(笑)。

パッ!と見た目は'15イグジそっくり。少し離れて見るとイグジ?か?な?(笑)。

 

 

購入後リール全体の重量とハンドルの重量を計測。

f:id:aji1:20180123174721j:plain

予想通りの展開でどうやら155gではないみたいですね。

それをわかって買ってるので心に余裕はあります。

 

ハンドルを変えるかどうかを検討しているのでハンドルだけの重さも量ってみると意外と軽い。

14gになったり15gになったりだったのけど最終的には14gで落ち着きました。

でも15gと思っておきましょう。

f:id:aji1:20180123174745j:plain

 

今回'17 セオリーを購入した大きな理由は宵姫 天 専用リールとして購入。

 

実は購入時にNEW ソアレ CI4+ [Soare CI4+]も候補に挙がっていました。

実際に手に取りクルクルしてみると「重い。」そして「何かチープ。」

でも「バカ軽い。」

こちらも2,3日ホームページとにらめっこ。

 

 

tict ティクト SRAM スラム UTR-55one-TOR CQC

SRAM UTR-55one-TOR CQC

f:id:aji1:20180123132519j:plain商品詳細

"Close Quarters Combat 近接格闘"
のミドルネームを冠した、究極近距離戦専用の5'5"ショートワンピース!
トルザイトリングガイド搭載で超軽量ブランクスのUTR-55-one-TORなら、
アンダー1gのジグヘッドでも手で操るがごとく感じ取り、操作することが可能!!!
TORZITE

[トルザイトリングガイド]
重量は、TORZITE単体ではSicリング比約40%、チタンフレームに装着された状態では、
TORZITEアイテムはSicリングアイテム比約10%という軽量で、耐摩耗はSic同等。
圧倒的な振り抜けの軽さとスムーズなライン放出を可能にした次世代リングガイド!!
<ガイド数:7>※トップガイドのみSicリングガイド(T-LFST)になります。

 

SRAM UTR-55one-TOR CQC スペック

(メーカーホームページよりまんまコピペです。)

 

先日宵姫 天が風に弱いという個人的な感想で爆風、強風では使いづらいので風がある日でも使いやすいロッドを探していました。

 

今までもショートロッドを使っていますが、宵姫 天を使い出してから特異なグリップエンドが大のお気に入り。

あそこまで割り切ったエンドでなくても良いので長さの短い物を探していました。

 

先輩が持っているので数投させてもらい使わせてもらったのがきっかけ。

ロッドエンドが気にならない。

 

f:id:aji1:20180123132227j:plain

(写真ブレブレですみません。)

 

これに決めた!と、いう事でUTR-55one-TOR CQCに決定しました。

f:id:aji1:20180123132334j:plain 先日の風の強い釣行時に使いましたが素直なロッドだと思います。

 

 

その釣行時に泣き尺を運よく釣り上げる事が出来ました。

 

f:id:aji1:20180123132123j:plain

エステル0.2号(鯵の糸)で抜き上げる事が出来ました。

 

抜き上げ時にロッドに不安などは感じる事はありませんでした。

 

使用感(インプレ)などは使い込んでからにしたいと思います。

 

発売されてから数年経ったtict SRAM UTR-55-TOR CQCですが最新機種に劣ることないロッドです。

 

 

バモスにカーメイトロッドホルダー 5ロッドホルダーTH IF-1をアジングロッド用で取り付けました。

ちょっと訳ありで車を買い替える事になりました。

今回は健全に完全に釣り専用車です。

 

ホンダ バモス・・・。

スタイルが好きなので。

 

今までの車にはロッドホルダーというものは付けていませんでしたが、今回は釣り専用車。

これまで後部座席に乗る家族の事を考えてロッドホルダーを取り付ける事なく我慢していました。

2ピースロッドはラゲッジルームに収納してましたが、問題は1ピースロッド。

釣行時に毎回、毎回車に積み込み。帰ると毎回、毎回家に持ち帰る。

 

この作業が苦痛というか本当にめんどくさくて。

 

今回は!基本私専用の釣り車。ロッドホルダー付けさせてもらいます!

 

色んな事を考えて数日考えました。

手は器用な方なので自作も出来るでしょうが、なるべく後部座席に乗る家族の事も考えると出来るだけ頭上に圧迫感がないようにしたい。

 

そこで見つけたのがこのロッドホルダーです。

 

 

LUXXE 宵姫 天 S54FL-solidとS511FL-solidをじっくりと使った感想は風に弱いと感じてます。(インプレ)

2017年の末に購入したLUXXE 宵姫 天 S54FL-solidとS511FL-solid。

 

f:id:aji1:20171211155709j:plain

 

この両ロッドをじっくりと使って感じた事です。

両ロッド共にとても良いロッドだと思います。

特に思い切ったロッドエンドはとてもお気に入りです。

防寒着が膨れていても袖口に当たったり、前で構えておなか部分などに当たることなく個人的にはストレスフリーです。

 

f:id:aji1:20171103132301j:plain

 

以前愛用していたロッド達を使うと違和感がありあり。

このロッドエンドがない。と、いう異端なロッドはその辺がとてもお気に入りです。

ただ、このロッドに慣れ過ぎると前のロッドが使いづらく感じてしまいます。

そこはもしかすると問題なのかもしれません。

 

両ロッド共に感度というものは申し分なく投げて面白い。釣って面白いロッド。

アジが掛かると綺麗なベントカーブを描きます。

 

また素直に曲がってくれロッドの弾性で魚を浮かせてくれます。

思わぬ猛ダッシュもロッドがいなしてくれますが、やはりドラグぎちぎちでは難があります。

両ロッド共手首にダイレクトに魚の引きを感じる事が出来るので小さなアジでもその引きを十分と楽しませてくれます。

 

またLUXXE 宵姫 天 S511FL-solidで30cmほどのアコウをよつあみアンバーコード0.3号使用時に抜き上げようと試みましたが断念しました。

たぶん折れます。

 

LUXXE 宵姫 天 S54FL-solidは軽量ジグヘッド的なロッドとなっていますが個人的には

0.5gから上だと思います。

全く風もなく釣りをするには最高な日だ!という時には0.3gとかも扱えるかな。と、いうのが正直な感想です。

 

LUXXE 宵姫 天 S511FL-solidは1.5g前後が使いやすく2gや2.5gも十分に対応してくれると思います。

 

LUXXE 宵姫 天 S54FL-solidとS511FL-solidの両ロッド共に言える事なのですが、風にはとても弱いです。

両ロッド共に張りがありシャキッとした感じなのですが風が吹くとバットからぶれる傾向にあります。

もしかするとグリップエンドがないので安定感がないのかもしれませんが、ロッドがあおられてバタつく感じがあります。

ホームは福岡県の北九州になりますが、北風の強い冬向きなロッドではないと思います。

 

風が強くなるとロッドを立てずに寝せてリールを巻きながらラインテンションをきちんと掛ける様にかなり気を使いながら使用しています。

 

ロッドを立ててビシャ!っと合わせる事も出来るし、ロッドを寝せてリールを巻き取りながら釣るリーディングの釣りも可能なロッドです。

 

現在両ロッドを使っていますがLUXXE 宵姫 天 S54FL-solidとS511FL-solidのどちらがいいの?などたまに聞かれますが「時と場合」です。

同じようなロッドに見えますが比べるとまるで個性が違うロッドだと思います。

 

今よく通っているポイントがありますが常夜灯の中にアジがいる時はLUXXE 宵姫 天 S54FL-solid。

 

 

常夜灯の外にいる時はLUXXE 宵姫 天 S511FL-solidと使い分けてます。

 

 

この使い分けに関しては単純に飛距離だけでなく、フッキングも関係しています。

ロッドの硬さもあると思いますし、ストロークの差もあると思いますが、

常夜灯の外でのフッキング率が大きく違う様に感じます。

 

両ロッド共、風に関しての事ですが、横風にはめっぽう弱く正直にロッドを立てるとアタリがかなりボケます。

リーディングしてラインテンションに気を使っていてもです。

ロッドを下げてリーディングでならいくらかイケる!位の感じです。

 

風が比較的ない。または弱い位の状況ではかなり面白いロッドです。

 

もし購入される方で「コレ1本で!」と考えていたら少し難があるかもしれません。

 

良いロッド!なのは間違いないのですが状況を選ぶロッドでもあると思います。

 

私は宵姫 天のいさぎよいロッドエンドが好きで使ってますが、このロッドを使い出してから今まで使っていたロッドが使いにくくて仕方がなくなりました。

 

ただ宵姫 天は、風に弱いという個人的に判断。そこで風や状況などに関係なく使えるロッドエンドが短いオールマイティーに使えるショートロッドを追加するつもりです。

 

風が強くても普通にアジングに出かけたい!

 

 

 

ライフジャケットをアジングに使いやすい様にカスタム実行中。

釣りを楽しむ為に最も重要なアイテム ライフジャケット。

どんな釣り道具よりももしかすると大切・・・。

 

を守るアイテムだから・・・。

 

そんなライフジャケットですが私が愛用しているライフジャケットは優しい先輩からのお下がりです。

「家族のために命は大切にしろ!」と、私にくれました。

 

f:id:aji1:20171222150229j:plain

 

そんな先輩からのお下がりのライフジャケットは腰に巻くタイプ。

今までこのライフジャケットを巻くだけ!でした。

 

 

が!先日購入した

第一精工のガーグリップ」をライフジャケットを取り付けたのを機にライフジャケットアジングカスタム計画を開始しました。

 

 

 第一精工 ガーグリップの使用感の記事はこちらから↓

 

aji1.hatenablog.com

 

 カモ柄のライフジャケットを頂いたのでミリタリーテイストのアイテムで武装していこうと思います。

派手なカラーや特別目立つ様なカラーリングは後々後悔するかもしれないので。

 

もし!

 

ライフジャケットを買い替える様な事があってもそのまま使える様に揃えていこうと思います。